新GOTOトラベル『全国旅行支援』の詳細!クーポン利用の条件や予約のタイミングは?

trip 経済

2022年9月26日に観光庁から「全国旅行支援の実施について」という名目で、新GOTOトラベルキャンペーンについての発表がありました。

2020年7月22日から「GOTOトラベル」が実施されましたが、かなりお得に利用された方も多かったのではないでしょうか。

今回は『全国旅行支援』という名前で行われるようですが、前回の「GOTOトラベル」と内容は同じだと思われますが、正式に観光庁から発表されました。

現在各都道府県で県民割が実施されていますが、今回の新GOTOトラベル『全国旅行支援』は観光庁から国の施策として行われます。

2年前のGOTOトラベルを利用してホテル修行された方も多いと思いますが、ヒルトンダイヤモンド修行など、今回発表になった新GOTOトラベル『全国旅行支援』でホテル修行してみるのも良いかと思います。

新GOTOトラベル『全国旅行支援』の詳細

さっそく内容についてお伝えします。

  • 期間:2022年10月11日~2022年12月下旬まで
  • 割引率:40%
  • 割引上限:交通手段+宿泊の場合8,000円、宿泊のみの場合5,000円
  • クーポン:平日利用3,000円分、休日利用1,000円分

今回も割引とクーポンが付いてくるということで、前回のGOTOトラベルとかなり似た内容になってくると思います。

公式サイトに発表がありましたが、まだ詳細は記載されておりません。

12月下旬とはいつまで?クーポンの「休日」は休前日は休日扱いになるのか?子供は一人とカウントするのか?といった具体的な内容まではわかっておりません。

また、平日と休日でクーポンの利用額が違います。「休日」の定義は月曜から金曜は平日扱いだと思いますが、金曜や土曜など休前日はどうなるのでしょうか?

さらに、子供を連れて行った場合は一人にカウントされるのか?といった記載もありませんので、この辺り詳しい情報がでましたらお伝えいたします。

前回のGOTOトラベルではSTAYNAVIのようなサイトを利用された方も多いと思いますが、今回の新GOTOトラベル『全国旅行支援』でも使えるのか、などについては詳細が分かり次第お伝えします。

新GOTOトラベル『全国旅行支援』は既存予約に適用できる?

既存の予約に新GOTOトラベル『全国旅行支援』が対象になるかについても触れられてはいませんが、一部報道によると既存予約に対しても新GOTOトラベル『全国旅行支援』の割引が適用されるといった情報もありました。

公式サイトに記載がありませんが、報道機関も裏を取っての報道だと思いますので、おそらく適用されるとおもいますが、最終的な条件は観光庁の公式サイトで確認する必要があります。

現在、各都道府県で県民割が行われておりますが、それらをまとめた一覧表に「東京都」が除外されていました。

県民割の中には東京からの観光客は対象外としているものもありますが、今回の新GOTOトラベル『全国旅行支援』も都民が対象外になるのかについても気になるところです。

新GOTOトラベル『全国旅行支援』の料金シミュレーション

ここで、新GOTOトラベル『全国旅行支援』の割引を最大限に受けるためのシミュレーションをしてみたいと思います。

【交通付き旅行商品20,000円の場合】

  • 割引率40%=8,000円
  • 実際の支払=20,000円-8,000円=12,000円
  • 平日クーポン3,000円分=実質9,000円の負担

マイラーの方などパックツアーを利用しない方は、こちらの宿泊のみのシミュレーションを参考にしてみてください。

【宿泊のみ5,000円の場合】

  • 割引率40%=2,000円
  • 実際の支払=5,000-2,000円=3,000円
  • 平日クーポン3,000円分=実質0円

【宿泊のみ12,500円の場合】

  • 割引率40%=5,000円
  • 実際の支払=12,500円-5,000円=7,500円
  • 平日クーポン3,000円分=実質4,500円の負担

上記のシミュレーションは一人を対象にしていますが、これが2~3人とか子供が対象になるか否かによって変わってきます。人数が増えて宿が安ければクーポンで黒字になるケースも増えてくると思いますので、この辺りの情報が出次第、またお伝えしたいと思います。

新GOTOトラベル『全国旅行支援』の予約のタイミング

今回の新GOTOトラベル『全国旅行支援』の発表があり、このキャンペーンを利用したいと思われる方も多いと思います。

前回の「GOTOトラベル」実施時もそうだったのですが、こういったキャンペーンが発表されて暫くすると、ホテル側が宿泊費を事前に値上げするケースが散見されましたので、一先ずキャンセルできるプランを予約しておくのも手だと思います。

こういったお得なキャンペーンは浸透していくとホテル代も上がっていきますので、今の内に予約しておくことで、一番お得に利用できます。

『平日にもう1泊』キャンペーンについて

観光庁の公式サイトには「平日にもう1泊」というキャンペーンの情報もありますが、詳しい事は書いておらず、期間のみ2022年10月11日~2023年3月末予定としか書かれていませんでしたので、こちらの情報も追ってご案内したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました