衣替え保管方法のNG5選!たたみ方やハンガーと防虫剤の使い方も紹介!

koromogae ファッション

そろそろ衣替えの季節ですが、久しぶりに服を取り出してみると虫に食われていたりシワシワになっていたりと困ったことはありませんか?

この記事では衣替えでやっちゃいけないこと5選をご紹介します。

僅かな手間でできることばかりなので、特にこれから夏服を保管したいという方は是非チェックしてくださいね。

【衣替え保管方法】夏服は防虫して保管する

衣類に穴をあける虫は「衣類害虫」と言い、外出時の服や洗濯物に産み付けられた卵が収納内で孵化して衣類を食べてしまいます。

衣類害虫が食べるのはウールやカシミヤなどの動物性繊維なので、春夏物の保管時には関係ないと考えている人も多いと思います。

しかし、春夏物によく使うシルクやリネン・コットンなどの“植物性繊維”も衣類害虫は食べてしまいますし、ポリエステル等の化学繊維も皮脂などが付着していると衣類害虫が食べる可能性があるので、大事に使っていて来年も着たい服があるなら防虫処理をオススメします。

害虫に食べられてしまうと服に穴が開いてしまったり生地が痩せてしまうことになりますので、お金を掛けた洋服が被害にあわないために防虫処理をすることが重要です。

まずは“ピレスロイド”などの防虫剤を使用してみてください。

ハンガーで保管している場合はハンガータイプの防虫剤がありますし、畳んで衣装ケースに収納している場合は“防虫剤は1番上”に配置してください。

防虫剤は拡散して空気になじみ重力に引っ張られて下に落ちる傾向があるので、服全体に防虫効果を行き渡らせるためには1番上に置いておかなければいけません。

さらに、収納する前にアイロンをかけるとシワがつきにくく、害虫の卵も死滅して食べられるリスクも軽減できるのでオススメです。

来年も着たい大事な服ならこのひと手間が重要ですよ。

【衣替え保管方法】サンダルはブラシとクリームで手入れ

サンダルは足裏が直接触れるため、インソール部分は汗とばい菌だらけでカビやすくなっています。

ウォッシャブルの素材であれば入念に洗えば問題ありません。

レザーの場合、毛が柔らかく細い馬毛などでブラッシングして埃を落として栄養を行き渡りやすくしてから“レザーの汚れ落とし、栄養剤”を使用してください。

絶対にカビを付けたくない方は仕上げに“カビ予防・カビ落とし”を使用すると効果的です。

栄養剤にはRenapur(ラナパー)のレザートリートメント3,300円、カビ予防にはM.MOWBRAYのカビ落とし/予防 モールドクリーナー1,980円などがオススメです。

【衣替え保管方法】簡単!服のたたみ方

雑な畳んで保管すると次の年はシワクチャになってしまいます。

翌年にしわくちゃにならないように、畳むときは手でシワを伸ばすようにする“手アイロン”を心がけてください。

イージーケアのものでも長期で圧力がかかればシワがついてしまいますが、畳むときにA4用紙を1枚はさんで畳むとシワがつきにくくなるのでオススメです。

【衣替え保管方法】Tシャツのハンガー収納はNG!

長期間ハンガー保存すると幅広ハンガーでも洋服自体の自重により形が崩れてしまうので、長期保管の場合にはカットソー・Tシャツは“たたみ保管”が基本です。

型崩れしないハンガーなども発売されていますが、伸縮のある素材はハンガーにかけておくと伸びると覚えておいてください。

伸びそうな洋服を衣替えする際はたたみ保管で先ほど説明した手アイロンとA4用紙をするのがオススメです。

【衣替え保管方法】Tシャツの黄ばみ予防法

去年着ていたTシャツに付着していた皮脂が酸化して黄ばんでしまったという経験はないでしょうか?

綺麗にしたつもりでも実は皮脂の汚れが付いたままになっていて、衣替えの時にわからないまま時間が経って変色につながっていくので、次の年に着れなくなってしまうことに。

衣替えの際には黄ばまないように対策をしなければいけません。

黄ばみは一度クリーニングに出したり衣替え前に2回洗ったりすることで防ぐことができますが、クリーニング代がかかったり何度も洗うことで生地にダメージを与えてしまいます。

そのため、“プレウォッシュ”でしっかり汚れを落としてから洗濯することをオススメします。

プレウォッシュとは、液体の洗濯用洗剤と水道水を1:1の割合で混ぜて霧吹きで吹きかける方法で、皮脂が溜まりやすい首元などにかけて30分ほど放置し、その後で通常通り洗濯すると汚れが落ちやすくなるんです。

このひと手間で2回洗ったように汚れが落ちて黄ばみ防止になりますので、大事な洋服だけはしっかり対策をしてください。

【衣替え保管方法】まとめ

衣替えでやっちゃいけないこと5選についてご紹介しました。

すべての服でやろうとすると大変なので、大切にしている洋服だけでもやってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました